池袋クリニックで脱毛に挑戦
2018年12月12日

医療脱毛にはどんな方法があるのか

クリニックで行う医療脱毛にはレーザー脱毛と電気針脱毛の二種類があります。

レーザー脱毛は現在医療脱毛として主に用いられている方法であり、レーザーを脱毛したい部分の体毛に照射する事により体毛に含まれる色素から熱が発生し、その熱で脱毛する事が出来ます。脱毛する際には体毛の周囲の皮膚にレーザーが当たっても皮膚が反応しないように調整されているために、短時間で多くの毛を脱毛する事が出来ます。

ただ、レーザー脱毛をする際には体毛に色素が含まれている必要があるために、白髪に対しては脱毛する事が出来ないです。また、日焼けした皮膚にもレーザーに反応する色素が多く含まれているために、日焼けした場合にも脱毛する事が出来ないです。一方、電気針脱毛の場合は針を毛穴に刺してその部分に直接電流を流す事で脱毛します。この方法は痛みが強い事と、ハリを毛穴に刺す必要があるために技術が必要で、かなり手間もかかります。そのために比較的簡単なレーザー脱毛が主流となりました。

電気針脱毛は欠点も多い方法ですが、最近ではだいぶ痛みが少なくなるように改善されています。また、レーザー脱毛では対処できない白髪の脱毛や日焼けした場合の脱毛にも対応できるというメリットもあります。医療脱毛の二種類の方法について説明をしましたが、どちらの方法もエステで脱毛するよりも効果が高く、脱毛するのであればクリニックで脱毛する方が良いです。医療脱毛のうちどちらを選んだら良いのかは一概には延べられませんが、特にレーザー脱毛が出来ない理由が無ければ、レーザー脱毛の方が手軽に出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *