池袋クリニックで脱毛に挑戦
2018年11月24日

栄養バランスを整えることで美白効果が得られる

現代人の生活は、空調による乾燥や紫外線などの刺激、ストレス、睡眠不足、栄養バランスの乱れなどによって肌が傷つきやすい傾向にあります。

それによってシミやそばかす、くすみなどができやすくなってしまい、多くの女性が理想とする美白肌を手に入れることは難しいようです。美白とは、今以上に日に焼けないようにしたり、色素沈着する前にケアをする、できてしまったメラニンを漂白するといった方法がありますが、美白効果のある食べ物を取り入れていくことで、体内からキレイになることができます。美白効果のある食べ物は多いのですが、より効果を高めるためには、吸収率を高める調理法をして食べるようにしましょう。

白い肌になるためには、シミやくすみの原因になる活性酸素を取り除く効果のある抗酸化作用のある食べ物を取りましょう。抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、皮膚や粘膜をつくるビタミンA、皮脂分泌を調整するビタミンB、健康な肌をつくり、人間の体を保つために欠かすことのないアミノ酸などは特に重要な栄養素なので、栄養バランスを考えて摂りましょう。旬の食材は、栄養価も高いので特に取り入れるとよいでしょう。

野菜や果実には豊富な栄養素が含まれていますが、より効率よく摂取するには調理法も大切です。生で食べられるものはそのままでもよいですが、煮たり蒸すなどするとより効果的です。普段の食事を意識して変えることで栄養バランスが良くなり、美肌だけではなく健康にもなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *