池袋クリニックで脱毛に挑戦
2018年10月21日

美容液をスキンケアに取り入れること

美容液はスキンケアとしては、化粧水、乳液の後に付けるスペシャルなケアです。

化粧水、乳液だけでも充分、保湿は足りますが、週に1から2回とか、付けることによって更に肌に美容成分を行き渡らせることになります。美容液は種類にもよりますが、美白目的や保湿目的など、目的が異なります。必要だなと思われる成分のものを選び、使用してみると良いでしょう。

美容液は夜に行うケアで、朝は特に付ける必要はありません。化粧水でしっかり保湿し、保湿を封じ込める乳液をつけ、また更に美容液を加えることで、肌に膜を作り、美容成分を浸透させます。夜、スキンケアの最後に付けて寝ることで、寝ている間に成分を行き渡らせ、浸透させます。

コラーゲンやヒアルロン酸など、シワやたるみに効果のあるものや、出来てしまったシミを薄くするビタミンC誘導体やアルブチンなど美白に効果のあるものなど、目的により成分も異なります。ちっとも効果が出ないなど、成分が目的とは違ったものを選んでいる場合もあるので、きちんと成分表示を見て、選んで買った方が失敗もないでしょう。

美容液は必ずしも行わなければならないものでもありません。化粧水、乳液といったスキンケアで足りていれば特に取り入れる必要もありません。しかし、加齢と共に肌も衰えが出てくるので、アンチエイジングとしてプラスしてみることで、加齢に負けない瑞々しく、潤いに満ちた肌を保つことが出来るので、いわば保険といった形で取り入れてみるのいいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *