池袋クリニックで脱毛に挑戦
2018年10月6日

美白美容液に含まれる色々な成分

美白美容液の、美白に効果のある成分には沢山の種類のものが存在します。

どういった成分の含まれるものを選べばいいのか、迷う人はそれらの特長や効果を見てみましょう。ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、エラグ酸、トラネキサム酸、ルシノールなど、もしかしたらテレビのCMなどで聞いたことのある人も多いかもしれませんが、美容液の主な成分はこれらを含めた色々です。

ビタミンC誘導体はニキビのケアにも有効な成分です。ビタミンCは肌に浸透しにくいところがあり、それを改良したものがビタミンC誘導体であり、ビタミンCと似たような名前ですが似て非なるものです。ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑える成分です。これはシミの原因となるため、これを抑えることで美肌になれる効果もあります。メラニン色素を作る、メラノサイトという細胞そのものを減少させる効果があるのです。アルブチンは美白成分です。

シミやそばかすを改善する美白効果があります。ハイドロキノンという、シミへの効果があると言われている、この成分の構造の一部を変化させてできた化合物である、糖誘導体です。エラグ酸は天然のポリフェノールの一種です。ブルーベリーやいちごなどの果物に多く含まれています。抗酸化作用があり、老化防止などに役立つと言われています。元々はがんの発生を抑制する働きがあるとして注目されていました。トラネキサム酸はアミノ酸の一種です。

止血効果や、炎症を抑え、アレルギーを抑える効果などがあります。美容としては肌荒れ、そばかす、シミを改善したり予防してくれる役目があります。ルシノールはシベリアのもみの木に含まれる成分を改良して用いられているものです。これもシミを抑制し、メラニンの生成を抑えてくれる効果をもたらします。美容液に含まれるこれらの成分がそれぞれ有効に働いて、美肌を作る事に一役買っているという訳です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *