池袋クリニックで脱毛に挑戦
2018年9月6日

医療脱毛というときには

脱毛処理を行うのは、医療機関はもちろんですが、エステなども行っています。

医療機関が行うものについては、医療脱毛という名で区別しています。黒色に反応してエネルギーが集まり、それが熱エネルギーに代わることを利用して、発毛組織を壊す方法であることは両方同じなのですが、わざわざ医療脱毛として区別する理由として、医療機関が扱える出力とエステでも扱える出力が違うことが挙げられます。このような光を使った脱毛は、意図的にやけどを負わせる施術です。出力が大きくなればそれだけ効果も大きくなりますが、同時にやけどのリスクも高まります。

医療機関であればすぐに対処できますし、医療行為も行えます。エステの場合には、医療行為が行えません。処置が遅れてしまうこともあり、それがトラブルに結びつきます。実際に出力の上限が決まっていなかった時には、肌トラブルなどの問題も多く上がっていました。医療機関で肌トラブルがなかったということではありませんが、医療行為による処置があることで、被害は最小限に食い止められます。

そういう時代を経て、今ではエステが扱える出力は、医療脱毛と比べてかなり低くなったのです。それによって肌トラブルなどは激減しました。永久性に問題があるということで、エステの場合には、減毛という言葉は使えても、永久脱毛という言葉はつかえないということになっていいます。とはいえ、エステの施術でも期待していた効果が表れたという人も少なくありません。医療脱毛と比べ、個人差が大きいといった印象です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *